夏バテ対策!ネバネバ食材通信

夏バテに「とろろ蕎麦」がオススメな理由

ネバネバとろろ冷やしそば現代人は生活が快適になり過ぎたため、本来身体に備わっている機能を発揮できずに夏バテになりやすいといいます。例えばエアコンの効いた部屋にいると、汗をかく機会が少なくなり体温調節を司る交換神経の働きが鈍くなってしまいます。また暑くて食欲がわかないといって、食べ物から十分な栄養を取らないでいるのも問題です。とりわけビタミンは、身体を調節するために必要な栄養素です。ここではそんな夏バテに効果のある食べ物をご紹介いたします。

夏場に麺類を食べるなら蕎麦一択!その理由とは

夏バテには栄養価の高い蕎麦がオススメ

夏バテには、ビタミンなど身体を調節するための栄養素を十分に取る必要があります。そこでオススメしたいのは蕎麦です。蕎麦は、うどんや白米と違って精製しないで挽くため、非常に栄養価が高いのです。中でも注目したいのは、蕎麦に含まれているビタミンB1・B2です。

例えばビタミンB1は、糖質や脂質をエネルギーに変換する際に潤滑油のような働きをします。従って、ビタミンB1が不足すると体力低下や食欲不振を招きます。またビタミンB2は、タンパク質や糖質・脂質などを代謝するための酵素を助ける働きがあります。

その他にも、植物性タンパク質が豊富に含まれています。おまけにタンパク質を構成するアミノ酸の中でも、必須アミノ酸とされるルチンやリジンを多く含んでいます。こうしたアミノ酸が不足すると、身体の疲れや衰え・脂肪蓄積などの問題が発生します。

夏バテにはとろろ蕎麦が最強

夏バテには、上述したように蕎麦がオススメです。しかも暑い夏には、サッパリとして美味しいざる蕎麦をよく注文します。そんなざる蕎麦には、必ず蕎麦湯が付いてきます。この蕎麦湯にもルチンなどのアミノ酸が溶けているので、食事の最後にはぜひとも飲んでいただきたいのです。

また暑い夏に夏バテ対策としてオススメしたいのは、とろろ蕎麦です。とりわけとろろは、食欲が出ないとか元気が出ないといった夏バテには、昔からよく口にされてきた食べ物なのです。このとろろは、山芋や長芋をすりおろしてできます。

中でも山芋は別名山のウナギとも称されており、滋養強壮や疲労回復などの効果があります。さらには山芋特有のヌメヌメですが、その中にはアミラーゼやジアスターゼといった消化酵素が多く含まれています。その量たるや大根の3倍ともいわれています。従って胃腸も活性化されて食欲も進むに違いありません。

香味野菜・香辛料で代謝アップ!

夏バテにオススメの香味野菜

夏バテの一番の特徴といえば、やはり食欲がなくなるという症状です。しかしながら、そんな時にオススメしたいのがショウガやニンニク・シソ・セロリ・ニラなどの香味野菜です。それらの香味野菜には、食欲不振や疲労感・汗が出にくいといった症状を改善する働きがあります。

それでは数ある香味野菜の中から一部抜粋して、具体的な効能についてご紹介します。まずはショウガですが、ジンゲロンと呼ばれる成分が血管を広げて血行を促進させてくれます。それと同時に発汗作用も促してくれます。また胃液の分泌を促す作用もあるので、食欲増進や消化を促進させる効果も期待できます。

次に中華料理では定番のニラですが、いくら摘んでもすぐに伸びてくるということで生命力の強い精力野菜として知られています。そんなニラには、ビタミンB1が多く含まれており疲労回復や肩こりなどには大変効果的です。

夏バテには香辛料も効果的

インドやタイなど暑い国では、香辛料がタップリ入った料理が好まれる傾向があります。これは、香辛料に発汗作用や消化促進作用・抗酸化作用などがあるからです。そんな香辛料がタップリ入った辛い料理を食べることで、胃腸の働きが活性化されて食欲が増進されます。それと同時に、疲労回復効果も期待できます。

また香辛料には殺菌作用などもあるので、食べ物が腐敗しにくいようにといった対策も兼ねています。とりわけカレーの本場インドでは、カレーに様々な香辛料やスパイスを使うというのが常識です。そうしたことからも暑い夏を乗り切るための工夫がなされていることが見て取れます。

その代わり、香辛料やスパイスには刺激が相当強いものも数多くあります。そうした刺激の強いものを過剰に摂取すると、却って胃腸の粘膜をキズつけてしまうことにも成り兼ねません。従って、胃腸が弱い人はその点には十分な注意が必要です。

まとめ

夏バテに効果の高い食べ物をご紹介しました。とくに栄養価の高い蕎麦であれば、冷たくてスルスルとのど越しのよいざる蕎麦がオススメです。もちろん夏バテ対策には、栄養バランスのよい食事だけでなく十分な睡眠も大切です。さらには適度な運動でエネルギーを消費すると、食欲も増すのではないでしょうか。