jpdt

牛タン定食を食べ比べ!

牛タンが大好きなので、牛タン定食を食べ比べてみたい!という方も多いと思うのですが、地方都市に住んでいると中々そんな珍しいお店は少ないでしょうね。やはり、東京とか大阪、それに仙台まで足を運ばないといけないかもしれませんね。ちなみに東京であれば、海外旅行をしなくても海外のあらゆる国の料理を食べることができるといわれています。要するに、そのくらいに東京という街は、全ての国の文化が集約されている街といえるのかもしれませんね。もちろん、食べ物だけでなく洋服においても同様です。

そこでネットで牛タン定食を調べてみると、数多くの牛タン専門店がすぐに分かるようになっています。しかも、それらのお店の看板メニューが写真入りで掲載されているのですが、いずれの牛タン定食においても、通常の焼き肉店で食べる牛タンよりも厚みがあるのです。これにはさすがに驚いてしまいます。ちなみに牛タンといえば、それこそ2ミリか3ミリ程度に薄くスライスしてテーブルに出されるというケースがほとんどです。
(参考:おいしい牛タンの食べ方

teisyoku_tan
それをさらに焼いてしまうのだから、食べる頃には随分と縮んでしまいます。ハッキリいって食べた気がしません。まさに少量の牛タンを少しづつ味わって食べるしかありません。

そうしたことを考えれば、これらのお店の牛タンはとにかく分厚いというのが大きな特徴でもあるので、それこそお腹も満腹になるに違いありません。それに、今や牛タンの本場といえば仙台です。従って仙台に行けば、分厚い牛タンが食べられるでしょうね。そして何といっても、東京とは違って仙台には牛タンの歴史というものがあるようなのです。

ちなみに牛タンは筋肉の塊なので、とにかく硬くて通常の焼き肉店では薄くスライスするしかないのです。従って厚みのある牛タンを出すお店というのは、特製ダレに付け込んで熟成することで肉を柔らかくしてあるので、仙台の各お店ごとに違った味わいがあるでしょうね。