jpdt

おいしい牛タンの見分け方

gyuu_tan
市場に出回っている牛タンには、当然のことかもしれませんがおいしいものとおいしくないものの2通りがあります。よほどの変わり者であればおいしくない牛タンを「味わいがある」と好んで食べるかもしれませんが、大多数の人はおいしい牛タンをできるだけ購入したいという意識があるはずです。しかし、どれだけ牛タンに対しておいしさを求める意識が高かったとしても、その見分け方がわからなければおいしいものにありつける確率は格段に下がります。では、おいしい牛タンにたどり着くために必要な、おいしい牛タンの見分け方とはどのようなものなのでしょうか?

おいしい牛タンの見分け方、それは意外とコツさえつかめば簡単なものです。そのコツについては、簡単にいうと「じっくりと見る」この一言に尽きます。実際に牛タンを色々と見ているとわかってくるのですが、その品質によって見た目がガラッと変わるようになります。例えば、品質の悪い牛タンであれば茶色に変色していますし、茶色まではいかなくても黒い赤色をしていることがあります。
(参考:牛タンを買うならここを見ろ!

それにドリップという赤色をした肉汁がトレイの中に出てきている牛タンは確実に鮮度が低いですので、このドリップが出ていないものを選ぶと自ずとおいしい牛タンにありつけるようになるのです。以上がコツになります。

また、これらのコツ以外にも、牛タンの産地を確認することや牛タンの部位を確認することも重要になってくるでしょう。牛タンは主にアメリカ産のものが多いですので、国産のものを選択し、なおかつ牛タンの中でも一番おいしいといわれているタン元という部位を購入するようにしてください。このような方法でも、おいしい牛タンを見分けることができるでしょう。

牛タンは他の肉と同様に、若干そのおいしさを見分けるのは難しい部分があるのは事実です。しかし、上記のようなコツやポイントを踏まえて牛タンを見分ければ、おいしいものを選ぶことができます。